Search
Search Menu

トヨタ自動車 電気自動車・electriccarの本気度

電気自動車・electriccarはいまどの位置に存在しているのでしょうか。やっぱり日本で、電気自動車・electriccarを背負うのは、【トヨタ自動車】ではないでしょうか。

電気自動車・electriccarは、新しいモビリティ社会の中心となるべき存在です。

おすすめの合宿免許

電気自動車・electriccarがモビリティ社会の中心になる

自動車は、今後CO2排出量の削減の問題も考える必要があります。

そして、中国、欧州、アメリカと言った国々に対して、規制に対応するため「地球規模の電気自動車・electriccarの認識」が必要だということは、トヨタ自動車も理解していることです。

社会システムは、今後、MaaS(Mobility as a Service=マース)やCASE(ケース)へと進展していくでしょう。

電気自動車・electriccarは、MaaS(Mobility as a Service=マース)(ICTを活用したマイカーに頼らない交通システムやCASE(ケース)(Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared(カーシェアリング)、Electric(電気自動車))といった社会システムともとても相性のいい方法です。

まさに、電気自動車・electriccarが多く普及することで、新しいモビリティ社会構築がどんどん促進されることになります。

トヨタ自動車は、電気自動車・electriccarの普及を目指してという説明会によって、その認識を明確化したのです。

電池の耐久性や信頼性を高める

そして、電気自動車・electriccarの世界が確立するため、電池の耐久性や信頼性を高める必要があります。

トヨタ自動車は、その説明会において、そのことも明言しています。

トヨタ自動車には、電気自動車・electriccarに対しての全くの出遅れ感がありますが、10年後、10万キロ走った後での航続距離を比較・共有できる方法も構築していきたいということを、社長自ら語っているのです。

そして、トヨタ自動車は、10年後、トヨタ自動車の電気自動車・electriccarを購入して良かったと言われる自動車作りを目指して行きたいということです。

2025年までに550万台の「電動車」が目標

更にトヨタ自動車が目指しているのは、2025年までに550万台の電動車だということです。

2017年には、2030年にHVやPHEVを含めた電動車の販売台数を550万台以上とするマイルストーンを発表していたのですが、大幅、電動車のプラン変更修正です。

2025年には電動車550万台……、果たして、トヨタ自動車は、実際にそれを実現することができるのでしょうか。

Leave a Comment

Required fields are marked *.