Search
Search Menu

合宿免許を取るのに一番いい時期とは

通学の運転免許証よりも合宿免許がいいと思っている人たちも多いことでしょう。合宿免許は、通学よりも料金を安くすることが出来ます。更に、旅行を兼ねた楽しみ方もすることが出来ます。

また、日数も合宿免許の方が最短で免許取得をすることが出来ます。

通学の運転免許証で、もたもたやっているよりは、潔く合宿免許に向かい、スピーディーに免許取得というのが現代人たちの合理的方法ではないでしょうか。合宿免許は、まさに、現代社会に一番マッチした方法ともいうことが出来ます。

おすすめの合宿免許

合宿免許はいつがいい

いざ合宿免許を受けようと思うものの、どの時期がいいかなどいろいろ悩みって出てくるのではないでしょうか。合宿免許はいつでも安いという思い方をしていれば、結構高かった……ということもあるかもしれません。

合宿免許は結構時期もしっかり見極める必要があるかもしれません。

合宿免許って、実際には若い人たちがおおかた利用しようと思い、だいたいその時期って重なってしまう傾向があります。

実際には、合宿免許は、
混雑する時期と空いている時期で料金が違って来てしまうということを理解していらっしゃるでしょうか。そのことを知っていれば、また合宿免許に対しての向きあい方も変わってくるでしょう。

混雑する時期

合宿免許で混雑する時期は、2月、3月、4月前半あたりまでの春休みの期間であり、7月中旬、8月、9月前半までの夏休みの間です。

やっぱり多くの人たちは、この時期に運転免許証を取ろうというモチベーションが俄然アップするようですね。

しかし、合宿免許運営会社の方では、そのような時期にわんさか免許取得に来てくれる人たちがいるから、どんどん料金をあげても構わないと考えるでしょう。

閑散期がある

一方でで、合宿免許には閑散期があります。運営会社が来て欲しいと積極的アピールするものの、運転免許証を取得しようと思っている人たちの人数は急激に増えるものでもありませんし、閑古鳥が鳴いているようなときも実際にはあります。

繁忙期は合宿免許とは関係なしに全国のほとんどの教習所で高い料金設定にしているようですが、閑散期を狙えば、一気に料金が安くすることが出来るでしょう。

いかがでしょうか。閑散期、教習内容や保証に関して変わるということも一切あるはずはありません。閑散期なら普通の運転免許証は20万円以下で取得することが出来るでしょう。

また繁忙期は、夏休みより春休みの方がより混雑する傾向があります。春休みの方が期間が長いため合宿で免許が取りやすいという理由もあるでしょう。地元の高校3年生が就職や進学前に免許を取ろうとする傾向もあるから入校が混雑しています。

合宿生もおり、地元高校生もおり、非常にどの地域でも教習所は大忙しです。学生がいなくなくなると段々と 30代~50代の一般の方々が、教習所に行かれる姿を頻繁に見かけるようになります。

つまり、おおかたの人たちは、このような料金のこともしっかりあらかじめ理解しておいて運転免許証と向きあっているようです。

Leave a Comment

Required fields are marked *.